おまとめローン

まとめる時は消費者金融?それとも銀行カードローン?

おまとめ

キャッシングを続けている間に、複数社からの借り入れをしてしまい、気がつけば毎月の返済に追われるという状況に陥っていると言う方もおられます。「おまとめローン」はそういったことで悩んでいる方のためにうってつけの商品です。

 

「おまとめローン」は融資金額も大きくなるので、消費者金融や銀行カードローンでも積極的に取り組んでいますので、自分の状況に合わせたおまとめ先が選べます。

 

おまとめ先を決めるときのポイント

消費者金融や銀行カードローンでまとめる場合それぞれに特徴があります。大きく分けて消費者金融は銀行カードローンに比べて審査に通りやすいのがメリットですが、銀行カードローンに比べて金利が高めになります。

 

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利は低くなりますが、審査が厳しく融資までに時間がかかるといった、それぞれ正反対の特性があります。ただ、消費者金融でも「おまとめローン」の商品は一般ローンの金利が18,0%前後なのに比べて14,0%程度に抑えている大手消費者金融もあります。

 

このことから銀行カードローンでまとめるときは、金利が14,0%以下のところを探さなければ、単に審査が厳しくなるという結果だけになるので、それ以下の金利のカードローンを選ぶか、審査が通りやすい消費者金融を選ぶか判断しなければなりません。

 

「おまとめローン」は総量規制の対象外

消費者金融は総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内という制限がありますが「おまとめローン」や「借り換えローン」の場合は「顧客に一方的有利となる借換え」になるため、総量規制の例外として扱われます。

 

「おまとめローンで」年収の3分の1を超える借入を希望した場合、超えた部分について返済ができると判断できれば貸付けをしてもよいということになっています。「おまとめローン」や「借り換えローン」の融資限度額は審査によって決まりますが、年収の3分の1以上の借入希望でも心配ありません。

 

消費者金融でおまとめ

消費者金融は、借入れまでのスピードが早く、銀行に比べて審査が緩いというメリットが有ります。毎月の支払いが本当に大変という場は、少しでも早くその苦しみから解放されたい時は、消費者金融の「おまとめローン」がおすすめです。

 

おまとめをする理由として、低い金利に借り換えるのも目的の一つなので、同じ金利であれば意味がありません。そのためにもおまとめローンを利用する場合は、いかに金利の低いところで契約するかがポイントになります。

 

おまとめローンでまとめる場合、ただ漠然と借り換えだけを考えるのではなく、事前に現在の借入残高がどれくらいか、毎月返済がどれくらいなのかを調べたうえで、「借入前診断」などを利用して、何度でもシミュレーションする事が重要です。まとめる前とまとめた後でどれくらいのメリットが有るのか確認しなければ「まとめたけれど意味がなかった」という結果になることもあります。

 

また、まとめるには借入件数が重要で、借入先が3社程度なら可能になりますが、4社5社となると厳しくなります。借入件数を減らすには、現在利用している消費者金融に電話を入れ「借入先を減らしたいので」といった申込みをすれば応じてくれるところもあるので、まずは借入先が3社になるように取りあえずは挑戦してみましょう。

 

おまとめローンは新たな借入が出来ない

おまとめローンの契約が終われば、申込先から申込者の名前で各社に返済されます。

 

おまとめローンは返済のみとなり、契約は返済が終わるまで新たな契約をしてはいけないという内容になっている場合が多いです。

 

おまとめをすると信用情報機関の個人情報を定期的にチェックしているので、仮に他社へ申し込みをしたことがばれると、一括返済を求められることもあるので要注意です。

 

銀行カードローンでまとめる

おまとめローンのメリットは、現在の返済状況を少しでも軽くするための商品です。銀行カードローンで、おまとめ専用の商品として取り扱っている銀行は少なく、テレビCMでも知られている東京スター銀行の「スターワンバンクローン」になります。

 

銀行カードローンでおまとめと言う商品が少ない理由として、銀行カードローンは金利そのものが消費者金融と比べて金利が低く、そのためおまとめローンといった特別な商品を用意する必要がなく、一般ローンでまとめるところが多いです。

 

おまとめローンとして利用する場合、融資額も大きくなるため審査が厳しくなります。銀行でおまとめをする場合、ある程度のステータスも必要になり、年収制限を設けているところもあるので、パートやアルバイトなど比較的収入の少ない方は、難しいかもしれません。

 

しかし、融資が受けられないというわけでもありませんので、ホームページにある「借入診断」などを利用して借入が可能かどうかを調べたり、「返済シミュレーション」を利用したりして、おまとめをすると現在の支払い状況がどう変わるのかも調べておく必要があります。