おまとめローン

まとめる前にチェックしておく点はココ

おまとめポイント

 

キャッシングを長く続けていると、いつのまにか借金が増えてしまい、毎日が返済の事しか考えられないという、苦しい生活を送っていませんか?

 

「おまとめローン」はそんな生活から解放されるための商品で、消費者金融や銀行で申込ができます。「おまとめローン」で借り換えが出来れば、今までの苦しみから瞬時に解放され、ゆとりのある生活を取り戻すことが出来ます。

 

まとめる前にチェックする事

おまとめローンで借り換えが出来ると、多くのメリットが生まれますが、検討もせずに申込をすると良い結果にならない事もあるので注意が必要です。

 

おまとめローンはメリットも多いですが、デメリットもあるので、申込前にメリット・デメリットをよく確認したうえで申込をする事が重要になります。

 

おまとめローンの利用を考える時、最初にチェックしておく項目は、

  • 何社から、どれくらいの借入をしているか(各社ごとに)。
  • 毎月の返済額はそれぞれいくらずつ支払っているのか、また返済期間はどれくらいか。
  • 借入した時の利用金利はいくらなのか。

というように、現在の状況を具体的に把握し、表などに書き出してみる事がポイントになります。

 

おまとめローンでまとめられれば、

  • 複数ある返済日を1日にまとめる事で仕事に集中できるようになる。
  • まとめる事で1社の借入が多くなり金利を下げられる。
  • 新たな返済計画が立てられるので、無理のない返済計画に立て直すことが出来る。

と言うように改善されます。

 

おまとめを利用する事で、現在の苦しい状況から脱皮するには借入状況を正確に把握し、まとめた場合に、まとめる前と比べてどれくらい改善されるのか、金利を含めた返済額がどれくらいまで下がるのかなどをチェックする必要があります。

 

返済シミュレーションを納得するまで試してみる

おまとめローンで借り換える場合、新たな返済計画がたてられます。返済計画を立て直す場合、気を付けなければならないのは「今まで毎月の返済に追われて苦しい思いをしていたので、毎月返済額を少なくして楽な返済を続けたい」という場合です。

 

当然複数社の借入をひとつにまとめて1社だけにすれば、新たな返済が始まるので、毎月返済額を下げる事も可能ですが、返済額を少なくし過ぎると、返済期間が長くなるため、結果的に金利を含めた総返済が現在の総返済額より多くなってしまいます。

 

そうなると、何のためにまとめたのか解らなくなってしまいます。キャッシング会社のホームページには「返済シミュレーション」があります。返済シミュレーションは、返済期間を決めれば毎月返済額が決められますし、毎月返済額を仮定して入力すれば返済回数が解ります。毎月返済額や返済回数から自分が「これなら大丈夫」というように納得できるまで、何度でもシミュレートしてみましょう。

 

おまとめ前に借入件数を減らしておく

おまとめーローンは3件以上の借入が有ると、審査に通る可能性が低くなります。もし借入が3件以上ある場合は、申込みをする前に「プチおまとめ」で借入先を減らしておくのがポイントです。

 

「プチおまとめ」は、現在借入をしているキャッシング会社の中で、先にまとめて借入件数を減らすというものです。

 

「プチおまとめ」は現在利用中のキャッシング会社へ「借入件数を減らしたい」と電話で相談してみましょう。それに応じてもらえれば、借入先を減らす事もできるので、「プチおまとめ」で借入件数が3件以下になった時におまとめを申込みましょう。

 

おまとめローンのデメリット

おまとめローンが契約できると、現在の借入金額はキャッシング会社から現在借入れしているキャッシング会社に直接一括返済されます。おまとめローンで借入が出来るとあとは返済だけになり、ほとんどの場合、契約で完済が終わるまでは新たな借入ができないという条件が付きます。

 

今後2度とキャッシングはしないという方なら問題ありませんが、「返済期間が長いのでその間にまた借入が必要になるかもしれない」という方は、銀行カードローンでまとめる方がよいかもしれません。「おまとめローン」としての商品を用意している銀行は少ないですが、一般のカードローンでも金利が低いので、通常のカードローンをおまとめローンとして利用できます。

 

銀行カードローンで返済を続け、限度額に余裕ができれば、その範囲内で何度でも利用できるのでおすすめです。ただし、銀行カードローンでまとめる場合は、借入先の返済や解約手続きはすべて自分でしなければなりません。また、おまとめは、場合によっては不動産を担保にしなければならないことや、保証人を要求される場合もあります。

 

任意整理もひとつの選択肢

消費者金融から長期間キャッシングでお金を借りている場合、グレーゾーン金利で返済を続けていた方も少なくありません。おまとめローンを契約すると金利の引き直しができなくなります。おまとめは借入先を換えるだけなので、借金そのものはなくなりません。いずれ任意整理や過払い金請求で借金を無くしたいと考えておられる方にとってまとめてしまう事は不利になるのでおすすめできません。

 

ちなみに債務整理をしてしまうと、キャッシングに限らず、すべてのローンやクレジットは5年から7年の間申込ができなくなるので注意が必要です。また、任意整理をすると言ってもキャッシング会社がそれに応じてくれるかどうか解りません。それらも含めておまとめローンがよいのか、任意整理がよいのかを検討する必要が有ります。