おまとめローン

おまとめローン

キャッシングを続けていると、つい借金が増えてしまい、毎日が返済の事しか考えられないという生活を過ごしている方もおられます。

 

「そんな生活から早く抜け出したい」と思っている方も少なくありません。そういった生活から解消する方法いくつかあります。

 

最近よく見かけるのが「おまとめローン」の宣伝で、「おまとめローン」に借り換えるのも選択肢の一つと言えます。

 

借金が増えてしまうパターンで多いのが、A社の返済するためにB社から借金し、A社もB社も限度額まで借りてしまい、 困りはててC社へと言うように、自転車操業でやり繰りしている人も少なくありません。

 

「おまとめローン」とは、複数のキャッシング会社(主に消費者金融)の借入を、「新たな低金利なプランに借り換える」金融商品の事で、借り換え先は金利の低い、銀行カードローンがおすすめです。

 

おまとめローンとは

おまとめローンとは

 

「おまとめローン」とは、複数の業者からの借金を、借り換えによって一本化する方法です。貸金業法の改正以降は総量規制で融資限度額に制限が加えられるようになったので、多重債務で苦しむという方は少なくなったようです。

 

しかし、貸金業法の改正前、消費者金融の融資限度額が決まっておらず、貸せる人にはいくらでも貸し出しをしていたので、借り過ぎてしまった人は返済に困り、その返済の為に新たな借入をするという事を繰り返し、これ以上借りられないという人は夜逃げや自己破産をするという人が増えたため、金融庁は貸金業法の改正を行い、総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内と制限されるようになりました。

 

しかし、それまでに年収の3分の1まで借りている人や、それ以上の人は借りることが出来ず、仕方なく闇金へ走るという人も出てきます。それを解消するために、例外的に年収の3分の1を超えている場合でも、その部分について返済の能力があるかを判断したうえで、貸付をしてもよいという事になっています。それが「おまとめローン」や「借り換えローン」と呼ばれる商品です。

 

おまとめローンのメリット

おまとめローンで借り換えが出来た時は、

  • 低金利への借り換えで、支払総額が減額できる。
  • AT利用手数料などの重複払いがなくなる。
  • 複数あった返済日を、1日にまとめられる。
  • 複雑になってしまった返済管理の整理が出来て、精神的なゆとりが生まれる!

各社への返済額が違うので、その準備に時間を取られ、返済するお金の事ばかりが気になり頭から抜けないという事からも解放されます。など多くのメリットが生まれます。

 

基本的に「おまとめローン」は現在の金利から確実に低金利へ借り換えることが第一条件になりますが、「おまとめローン」「借り換えローン」と呼ばれている商品は、おおむね一般ローンの金利よりは低くなります。

 

たとえば消費者金融の4社から50万円ずつ借入れしているとすると、それぞれの会社ごとに、上限金利(18.0%が多い)で借入れしているはずです。それをまとめて200万円のローンにした場合、200万円借入した場合の金利(最高でも15.0%)の適応になるので、間違いなく金利は低くなります。

 

このような金利の仕組みがあるので、借金はまとめた方が返済総額は減る計算になります。また低金利の借入先にまとめる事で、毎月返済額の大幅な減額が期待できます。

 

返済に提携ATMなどを利用している場合、今まで支払いのたびに支払っていた利用手数料や振り込み料が1社のみとなるので、借入先が減った分だけ確実に支払いの節約が出来ます。また「おまとめローン」で借り換える場合の借入先を決める時は、ATM利用手数料が無料で利用出来るキャッシング会社もあるので、借り換え先を選ぶ時は手数料無料で利用できるキャッシング会社を選ぶのも選択肢のひとつになります。

 

「おまとめローン」が大きなメリットと感じる時は、わずらわしかった毎月の返済期日が、1社にまとまることで支払いが毎月1回だけになるという事です。「返済日が気になって仕事が手につかない」と、常に神経をとがらせていた方なら、この精神的なストレスからの解放はいかに大きいかがわかるはずです。

 

また、借入先1社にまとめることで、返済計画が簡素化し、いつ終わるかわからない完済までの道のりが明確に見えてきます。 また、新たに返済計画が立てられるので、返済計画を見直し、無理のない返済計画を立てることも可能になります。

 

ただし、注意が必要なのは毎月返済額を今までの返済より少なくし過ぎると、返済期間が長くなり、金利を含めた総返済額が多くなる恐れがあります。

 

返済計画を立てる時は、時間がかかっても良いので「返済シミュレーション」などを利用して、自分に適した返済方法をさがす事が重要になります。

 

おまとめ先は銀行カードローンがおすすめ

おまとめ銀行カードローン

「おまとめローン」は銀行や消費者金融で申込が出来ます。

 

おまとめローンを扱う金融会社で、一番低金利が期待できるのは銀行のカードローンです。銀行カードローンで「おまとめローン」という商品を扱っているところは限られています。

 

銀行カードローンは、消費者金融と比べて金利が低いところも多く、総量規制の対象外になるので、借入希望額は年収に影響されません。

 

ですから、審査に通れば年収の3分の1以上でも融資が受けられるので、一般ローンをおまとめに利用する事が出来ます。

 

おまとめに向いているカードローン

銀行カードローンの中でも、おまとめを強く進めている銀行と、そうでない銀行が有ります。

 

おまとめを推奨している銀行カードローンは

  • 三井住友銀行カードロー
  • 三菱東京UFJ銀行「バンクイック」
  • オリックス銀行カードローン

などが有ります。

 

先ほども書きましたが、銀行カードローンは一般ローンをおまとめに利用できますが、借入金額が多くなるので、審査がより厳しくなる傾向が有ります。それを考えると、おまとめを強く進めているカードローンはそれなりに審査が通りやすいというメリットが有ります。出来れば、おまとめを推奨している銀行カードローンに借り換える事をおすすめします。

 

三井住友銀行カードローに借り換える

実質年利 4.0%~14.5%
融資限度額 800万円まで

三井住友銀行カードローンの基本スペックは年利4.0%~14.5%、融資限度額は最大で800万円という高額融資が可能で、即日融資に対応しています。

 

100万円以下 12.0%~14.5%
100万円~200万円 10.0%~12.0%
200万円~300万円 8.0%~10.0%

限度額100万円以下の金利は12.0%~14.5%、100万円~200万円は10.0%~12.0%、200万円~300万円は8.0%~10.0%となっています。

 

 

申込方法は、パソコンやスマホで申込む方法やインターネットバンキング、ローン契約機、電話、郵送、店頭窓口から選べますが、念のため相談しながら申込が出来る電話や店頭窓口から申込ほうが安心です。

 

返済方法は口座振替と振込、提携ATMからの返済になり、三井住友銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATMが利用できます。


 

 

三井住友銀行カードローンはおまとめにどうなの?

おまとめローンで利用する条件として、金利は4.0~14.5%という低金利である事や融資限度額が800万円という高限度額であること、総量規制の対象外であることなどを見ても、おまとめ・借り換えに向いているローンといえます。

 

ただ、問題なのは審査で「銀行は審査が厳しい」というイメージがあります。一般的にはそういうイメージが有るのですが、一方、三井住友銀行はプロミスが保証会社になった事から「以前より貸出しに積極的になった」ともいわれています。

 

ただし、「過去10年以内に債務整理をした」「過去5カ月以内にクレジットカードや他社ローンの返済を2カ月以上滞納した」「すでに4社以上から借りている」というような場合は、審査通過に通らない可能性が有るので、注意が必要です。おまとめローンを申込む場合は、これらの事を解消してからの方がよいかもしれません。

 

三菱東京UFJ銀行「バンクイック」でまとめる

実質年利 1.8%~14.6%
融資限度額 500万円まで

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のスペックは、金利1.8%~14.6%、融資限度額は最大で500万円までなので、おまとめとしても十分に利用できるスペックです。

 

100万円以下 12.6%または14.6%
100万円~150万円 12.6%
150万円~200万円 11.6%
200万円~250万円 9.6%
250万円~300万円 8.1%

限度額100万円以下の金利は12.6または14.6%、100万円~150万円は12.6%、150万円~200万円は11.6%、200万円~250万円は9.6%、250万円~300万円は8.1%となっています。

 

 

以前は「審査が厳しいカードローン」と言われた「バンクイック」も現在はそうでもありません。三菱東京UFJ銀行カードローンは保証会社(審査も担当)が消費者金融の株式会社アコムになった事で、以前よりも審査基準は緩くなり、審査に通りやすくなったというのがメリットでしょうか。

 

このような事から「バンクイック」はおまとめに適していますが、メリットばかりではなくデメリットもあるので知っておく必要が有ります。


 

三菱東京UFJ銀行のカードローンの申込み条件に「(当行の)銀行口座は必要ありません」と書かれています。実際三菱東京UFJ銀行の口座がなくても申込み可能ですし、銀行口座を全く持っていなくても、バンクイックの取引は可能です。ただしその場合の借入や返済はすべてATMを利用する事になります。

 

しかし、借入や返済を銀行口座で使いたい場合は、三菱東京UFJ銀行の自分名義の口座を作っておく必要があります。おまとめローンで借りた時は、確実に返済を続けるためには、半強制的に銀行の口座引き落としで返済するのが完済への近道です。

 

しかし、バンクイックで口座引き落としを利用するには、自分名義の東京三菱UFJ銀行の口座が必要になるので、「バンクイック」の申込の際に口座も開設するようにしましょう。口座引き落としはカード発行後、自動支払い依頼書と言う書類で申込み、手続きが完了してから利用できるようになります。

 

オリックス銀行カードローンや、イオン銀行、三井住友銀行カードローンなど300万円までの借入で収入証明書の提出を免除していますが三菱東京UFJ銀行カードローンは200万円を超える借入希望額の場合は際は、収入証明書が必要です。おまとめローン目的としてはもう少し余裕が欲しいところです。

 

バンクイックの最低金利は限度額が500万円の時は1.8%とかなり低めですが、おまとめローンで借りる場合、実際の所100万円~300万円までの場合が多いと思います。100万円~300万円の金利を見てみると、オリックス銀行と比べても必ずしも低いとは言えません。自分がまとめるとどれくらいの金額になるのかを確認して、金利の比較をする必要が有ります。

 

おまとめにおすすめなのはオリックス銀行カードローン

実質年利 4.0%~14.5%
融資限度額 800万円まで

オリックス銀行カードローンのスペックは金利3.0%~17.8%、融資限度額は最大で800万円となっています。

 

100万円以下 12.0%~14.5%
100万円~200万円 10.0%~12.0%
200万円~300万円 8.0%~10.0%

金利設定は100万円未満が12.0%~17.8%、100万円~150万円は9.0%~14.8%、200万円~300万円は6.0%~12.8%となっているので、100万円~300万円の金利を見ると、おまとめには十分なほど低金利で利用できます。

 

 

以前のオリックス銀行カードローンは年収が200万円以上と言う制限が有りましたが、新たに新生フィナンシャル㈱が新たに加わり、200万円という枠は撤廃されています。

 

オリックス・クレジット㈱の審査対象は、ある程度の所得や、まとまった融資の方に対する審査が中心となります。

 

一方の新生フィナンシャル㈱の審査対象は、パートやアルバイト、派遣社員というような比較的所得が少な目の方を対象にした審査を行っています。新生フィナンシャル株式会社で審査を受ける事になります。


 

保証会社が2社と聞くと、どちらの審査にも通る必要が有ると思いがちですが、そうではなく、どちらかの審査に通れば良いので、保証会社が2社になったことは、審査に通りやすくなったとも言えます。

 

カードローンの申込は来店や口座開設は不要で、すべてがインターネット上で完結します。また、保証会社の保証が得られれば担保や保証人は不要で、借入希望額が300万円までなら所得証明も不要なので、おまとめローンで借りるとしても300万円以下なら本人確認書類だけで申込が出来ます。

 

オリックス銀行カードローンの提携ATMは「三菱東京UFJ銀行」や「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」「西日本シティ銀行」「イオン銀行」「セブン銀行」「E-net」「ローソンATM」のATM95,000台以上が何度利用しても手数料無料という事です。

 

返済や借入にATMを利用している人もまだまだ多いですが、おまとめローンで借りた場合、高額になるため、返済期間が長くなります。それを考えた場合、手数料もバカになりません。

 

手数料を支払う事を考えると、オリックス銀行ならATMを探さなければならないという事もありませんし、会社の行き帰り、買い物ついでに返済が出来るという、自分の生活範囲内で借入や返済が出来るという、大きなメリットがあります。